フィオルフィオレの1-Day Lessonでは午前の部では軽いランチをご用意させていただいています。

レッスンの後、お時間の許す限りひとときゆっくりとおしゃべりを楽しんでいただければと思っています。
その中でもお越しいただいたみなさまからリクエストをいただきましたレシピをここでご紹介させていただきます。

* レモンのドレッシング *

リモンチェッロを作った時に余るレモンの果実をドレッシングにしてみました
生野菜にかけてももちろんですが、今回は鳥ハムにかけていただきましたところとても好評!でした♪

≪材料≫
レモンの絞った汁   20g(一個分)
お好みのオイル    60-80g(グレープシードオイルをつかいました)
お砂糖        5g
塩          3g
玉ねぎ(すりおろす) 1/8個
アンチョビ
にんにく(すりおろす)1/2個
ローズマリーの葉   10枚くらい

≪その他の道具≫
フードプロセッサーがあると簡単です!
Img_cf0b04e61316e1c36ae8f12eafe93481
1.オイルを除くすべての材料をフードプロセッサーにいれて混ぜる
2.①をきれいな瓶に入れ替えて、オイルをいれて蓋をしてさらに混ぜる
レモンではなく、お好みのお酢で作っていただいてもOKです。
オイルの量はお好みので加減してみてください
ローズマリーはドライでも、生でもどちらでも! なくても構いません。

* 米粉のタルト生地 *

田中ファームさんの無農薬米100%の米粉で作るタルト生地
(18㎝丸型のタルト型2台分)

≪材料≫
田中ファームさんの無農薬米100%の米粉   200g
こちらで購入できますよ♫ ⇒ ☆ (Click!) 
無塩バター     100g
塩         一つまみ
水         60-70g

≪その他の道具≫
フードプロセッサー/ラップ/麺棒
Img_1d10b4e2baa5b78db82b68b43a03bf2e
1.すべての材料を計量して冷蔵庫で冷やしておく
2.フードプロセッサーに米粉とバターを入れて、さらさらになるまで混ぜる
バターと粉が混ざりきったら、さらに水(冷水)を少しずつ加えて混ぜる
3.生地がまとまってくるとフードプロセッサーが動かなくなるので、その時点で取り出し、生地を折りたたみながら、粉っぽさがなくなるまでひとまとめにする
4.ラップやビニール袋にいれて使うまで(30分以上)冷蔵庫で寝かせる
5.型より一回り大きく麺棒で伸ばす。その際、生地が切れやすいので上下ともラップを敷いて伸ばし、ラップごと型に移し、側面は指で押さえ、底面にはピケをいれる
6.お好きな具材を入れて、180℃に余熱をしたオーブンで50分から60分焼く
この基本のタルト生地、お食事用にもドルチェ用にも使えるのでとても便利です。
2台分を一度に作っておけば1週間ほど冷蔵庫でも保存が可能。
また、タルト型にだけでなく、クッキー型で抜いて、フィンガーフードとしても使えます。

米粉の生地は、固めでひとまとまりになりにくく、伸びません。
型に移す際、切れてしまうのですが、指で押さえれば大丈夫です。
焼き上がりはとーっても軽くてサックサク~♫もちろんグルテンフリーです♪

生地を作る時に、お水の代わりに卵の黄身とお水を合わせたものでもOK!
焼き目がきれいにでてさらにおいしいこと間違いなし!

お食事用にはトルタ・ルスティカ
イタリアでは家庭で週末の冷蔵庫の整理によく作られるそうです。
お野菜とチーズ、ハムやベーコンなどがあればOK!
しっかりと食べたいときには、具材に卵と牛乳を加えるとボリュームがでますよ!

オーブンに入れる前にバルミジャーノをたっぷりと、そしておいしいオリーブオイルを回しかけるのをお忘れなく!

* ポルチーニの炊き込みご飯 *

材料(4人分)

お米 3合から3合半  毎月定期便でお取り寄せしています♪ ⇒☆ (Click!) 
乾燥ポルチーニ20g
玉ねぎ1/4(なくてもいいです)
バター10g
白ワイン大2
醤油大2

パルミジァーノ
Img_36a573014bcb577ad8867a8fb519ae07
1. 乾燥ポルチーニをぬるま湯で30分から1時間ほど戻す ⇒ 適当な大きさに刻む
2. お米をといでざるにあげ、水を切っておく
3. 玉ねぎをみじん切りにしてバターかオリーブオイル(分量外)で透明になるまで炒める
4. 圧力鍋や炊飯器にといだお米と戻したポルチーニをいれて、炊飯器ならば通常炊く分量
   までのポルチーニの戻し汁と白ワインと醤油とお水を入れ、最後にバターを入れる
5. お好みのコースで炊く
6. それぞれのお皿や器に取分けてパルメジャーノをたっぷりかけてめしあがれ!
   お好みで胡椒もかけてくださいね。
ポルチーニの戻し汁は砂やごみも混ざっていることがあるので、必ず濾して使ってください。
お好みで他の種類のキノコを入れてもおいしくいただけます!
行程3の玉ねぎはあってもなくてもOK
ワインがなければお酒でも大丈夫です
炊く際の水加減はお好みで加減してください